倉敷駅からどこまで行ける?

今回のスタート地点は、岡山県倉敷市の倉敷駅とします。

倉敷市は岡山県第2の都市で人口は40万を超え、中核市に指定されています。
40万超えというより50万に近いので、限りなく政令指定都市に近いといえます。
私は教科書の影響か、工業都市というイメージが大きいです。

ただ、岡山市と倉敷市はお隣なので、先にamebloで取り上げた岡山駅スタートの記事とあまり差がつかないかもしれません。
この理由もあって倉敷駅をテーマにするのが遅れてしまいました。

倉敷駅は伯備線のターミナル駅とはなっていますが、岡山駅から接続される列車の方が圧倒的に多いためあまり有利性はありません。
伯備線の米子方面行き始発列車は倉敷駅始発となってはいますが、岡山駅始発の山陽本線の列車から接続で来てしまいます。
このように倉敷駅特有の地の利はあまりないので、岡山駅スタートの記事で取り上げなかった路線を中心にまとめていきたいと思います。
鉄道駅としての地の利はあまりないとは言っても、倉敷駅周辺はホテルの数も多いので鉄道旅をされている方の中には、岡山駅での宿泊を敬遠して倉敷で宿泊する、という方も多いのかもしれません。

といったところで倉敷編の記事は、
 1.山陽本線・東海道本線を乗り継いで東日本へ
 2.山陽本線経由で九州上陸し、鹿児島本線でどこまで行けるか
 3.伯備線・山陰本線経由で日本海側を西へ
 4.伯備線・姫新線・因美線・山陰本線経由で日本海側を東へ
 5.瀬戸大橋線で四国へ

等を予定しています。

この記事へのコメント