熊谷駅からどこまで行ける?

今回のスタート地点は、埼玉県熊谷市の熊谷駅とします。

熊谷市といえば夏場はとても暑い猛暑地として有名です。
夏になるとテレビのニュース番組とかで、大温度計とともに話題として取り上げられることが多くなっています。

あまりにも熱いとレールが歪んでしまうこともあるわけですが、熊谷付近ではこのための運転見合わせって結構あるんでしょうか?
全国版のニュースではあまり聞いたことがないですね。
去年もそんなニュースがあったけど、JR北海道だったような。
JR東日本のメンテナンスがきちんとしているからでしょうか。

鉄道駅と熊谷駅としては高崎線、上越新幹線、北陸新幹線、秩父鉄道線が相互乗り入れ可能となっています。
秩父鉄道については普通列車でターミナル駅の羽生から三峰口まで2時間もかかるロングローカル線となっています。
羽生駅や寄居駅では東武鉄道線やJR八高線に接続可能なので観光目的以外でも乗り換え目的で利用できそうです。

といったところで熊谷編の記事は、
 1.高崎線・東北本線経由で北海道上陸なるか
 2.高崎線・東海道本線・山陽本線で西日本へ
 3.高崎線・上越線経由で日本海側へ
 4.高崎線・信越本線・JRバス関東線・しなの鉄道経由で日本海側へ
 5.秩父鉄道・八高線・中央本線経由で東海道本線へ接続

等を予定しています。

この記事へのコメント