富士駅からどこまで行ける?

今回のスタート地点は、静岡県富士市の富士駅とします。

富士市は静岡県内で浜松市、静岡市に次いで3位の人口を誇ります。

その人口は20万人以上で、テーマとしてもふさわしいと言えるでしょう。


富士駅はだいたい静岡駅と熱海駅の中間あたりに位置し、いずれの駅からも普通列車で片道40分程度となっています。

新幹線駅の新富士駅からは1.8㎞と若干距離があり、在来線から新幹線(またはその逆)の乗り換えはあまり現実的ではないかもしれません。

しかも乗れるのは「こだま」だけなのでこれだったら、普通列車で静岡駅や三島駅、熱海駅まで乗車し、そこで乗り換えた方がよさそうです。

徒歩で20分程度なので決して歩いて渡れない距離ではないのですが。。。


富士駅からは身延線が乗り入れているので、この関連の記事が富士駅編のメインとなります。

身延線は富士駅と山梨県の甲府駅を結ぶ路線で富士山の西側を通ります。

途中、富士宮焼きそばで有名な富士宮市を通過し、富士宮駅のお隣、西富士宮駅発着の接続列車も多いです。

後は富士駅のお隣の吉原駅からは岳南電車が乗り入れているので、余裕があればこちらも記事にまとめたいと思います。


といったところで富士編の記事は、
 1.東海道本線・上野東京ライン・東北本線で北上
 2.東海道本線・山陽本線で九州上陸
 3.身延線・中央本線・篠ノ井線経由で日本海側へ
 4.身延線・小海線・しなの鉄道・信越本線・上越線経由で日本海側へ
 5.東海道本線・北陸本線経由で北陸地方へ

等を予定しています。

この記事へのコメント