中津駅からどこまで行ける?

今回のスタート地点は、大分県中津市の中津駅とします。

中津市は大分市、別府市に次いで県内で3番目に人口の多い市となります。

中津市といえばB級グルメ、と言っていいのかどうかですが、地元オリジナルの「からあげ」が有名ですよね。

近年ではテレビ番組等メディアで取り上げられることも多くなり、全国的に知られるようになってきました。


一方で中津市は観光地としても有名です。

特に耶馬渓の青の洞門や羅漢寺は知られていて全国から観光客が集まります。

もう40年以上も前になりますが、中津駅からは耶馬渓方面に鉄道が走っていました。

大分交通が所管していた耶馬渓線という路線なのですが、現在でも所々に旧線の名残が残っているようです。


中津駅までのアクセスは普通列車の場合は小倉駅から1時間程度、大分駅から1時間半程度となっています。

特急列車だとソニックやにちりんがあるので福岡県内や本州からのアクセスは楽そうです。


といったところで中津編の記事は、
 1.日豊本線・山陽本線・東海道本線で本州を東へ
 2.日豊本線・鹿児島本線を北から回り込んで九州西側へ
 3.日豊本線・鹿児島本線を南から回り込んで九州西側へ
 4.日豊本線・山陰本線で日本海側を西へ
 5.大分&福岡を日豊本線・久大本線・鹿児島本線で一周

等を予定しています。

この記事へのコメント